選べる5書体 お好みの書体をお選びください。

【篆書体】

実は身近にある書体で、日本銀行発行のお札に捺されている印鑑の書体です。

日本最古の印鑑と云われる国宝【漢委奴国王】の金印も篆書体で作られております。
篆書体は様々な種類があり、印鑑で用いる篆書体は正確には【印篆】といいます。
印章用書体の中でも歴史ある文字で、現代文字とは違いやや形状が異なる場合もあります。
その形状から可読性が低く偽造しにくい書体ですので個人、法人用共に「実印」にオススメの書体です。
篆書体

【隷書体】

波打つ運筆で、横長の端正なバランスが特徴の書体です。

こちらも身近な書体で、お札の「日本銀行券」や「壱万円」なども隷書体で書かれております。現代文字に見えても実は紀元前から続く歴史の古い書体で、文字によっては形状が異なる場合もありますが可読性が高い書体です。
隷書体

【行書体】

続け書きをしている部分が多く、筆運びを効率的にした書体です。

筆書きのリズム感と柔らかな印象は女性に好まれる姿です。
個人の実印・認印・銀行印としてよく選ばれています。
行書体

【古印体】

大和古印と呼ばれている奈良時代の寺社印から発展した日本独特の印章用の書体です。

隷書体を元に経年による文字の欠けや摩耗によって太く丸くなった様な風雅な趣を出した書体です。また、文字に入る独特の切れ目は偽造防止にも効果的です。比較的読みやすい書体で個人の認印や法人の角印、自治体の公印によく選ばれております。
古印体

【吉相体】

篆書体から印章の為の書体として進化したもっとも印鑑らしい書体です。

八方体、印相体とも呼ばれています。印面のスペース一杯に広がる力強い流麗な姿は文字の並び具合で様々な姿に変化するため、判別しづらく偽造防止にも効果的です。実印や銀行印など大切な印鑑にお勧めする書体です。
吉相体


基本的には使用する印鑑において書体の決まりはございません。一生ものの永く付き合う印鑑ですのでどうぞお好みの、ご自分に合った書体をお選び下さい。

Cart
Category
Recommend